JIJA日本公認会計士協会準会員会は、北海道、東北、東京、東海、近畿、中国、四国、北部九州と全国に分会があります。

分会イベント

トップページ > 分会イベント > 秦美佐子先生座談会 第二弾 「実は危ない(!?)会社を見抜く粉飾発見術!」

秦美佐子先生座談会 第二弾 「実は危ない(!?)会社を見抜く粉飾発見術!」

開催日: 2012.09.06

 

その会社本当に大丈夫?

 

秦美佐子先生座談会 第二弾

 「実は危ない(!?)会社を見抜く粉飾発見術!」

 

 

 

 

 

前回ご好評を頂いた座談会第一弾に続き、『「本当にいい会社」が一目でわかる有価証券報告書の読み方』『会計士マリの会社救出(秘)大作戦!』『社長ルリの踊る(秘)大監査線!』の著者である新進気鋭の作家、秦美佐子先生をお招きしての座談会第二弾を開催致します。

 

今回は、秦先生が監査や執筆活動で得られた経験をもとに、実際の粉飾事例の紹介や解説をして頂きます。また参加者の皆様にも、実際に存在する同業種企業の有価証券報告書を比較し、粉飾企業がどちらかを判断して頂きます。

 

有価証券報告書は、外部からは見えない会社の実態を映し出してくれます。

監査法人にお勤めの方や事業会社等で経理に従事されている方だけでなく、財務数値を扱う全ての人にとって、財務数値の変化から会社の意図を見抜く力が求められます。

今回の座談会を通じて、会社の実態を見抜く力を養いましょう。

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

【概要】

■名称:秦美佐子先生座談会第二弾

「実は危ない(!?)会社を見抜く粉飾発見術!」

■講師:秦美佐子先生

■略歴:公認会計士。早稲田大学政治経済学部卒業。

大学在学中に公認会計士試験に合格し、優成監査法人勤務を経て独立。

在職中に製造業、サービス業、小売業、不動産業等、さまざまな業種の監査に従事する。

上場準備企業や倒産企業の監査を通じて通、飛び交う情報に翻弄されずに会社の実力を見極めるためには有価証券報告書の読解が必要不可欠だと感じ、『「本当にいい会社」が一目でわかる有価証券報告書の読み方』を執筆。

他の著書に経営に活かせる会計をテーマにした『会計士マリの会社救出(秘)大作戦!』、『社長ルリの踊る(秘)大監査線!』がある。

Twitter : @misako_hata

■日時:2012年9月6日(木) 19:00-21:00(18:30受付開始)

座談会終了後は懇親会の開催を予定しております。

こちらも是非ご参加下さい。

■会場:日本公認会計士会館 4階会議室

■対象:20名(準会員(補習生を含む)、先着順とさせて頂きます。)

■参加費:無料(懇親会費は別途必要。)

■持ち物:秦美佐子先生著『社長ルリの踊る(秘)大監査線!』

(こちらの本を使いながらワークショップを行いますので、必ずお持ち下さい。)

■形式:座談会形式

■構成:

①秦先生の経歴紹介および監査・執筆経験から得た粉飾事例の紹介など

②「どっちの粉飾でショー!?」

 (実際に存在する同業種企業の有価証券報告書を見比べて、粉飾企業がどちらかを考えて頂きます。)

③個別質問

■留意事項:事情により参加できなくなった場合は、お手数ですが、件名に「0906座談会キャンセル」と明記して、hata@jija.jicpa.or.jpまで①氏名、②メールアドレスをご連絡下さい。

■主催:日本公認会計士協会準会員会 東京分会

 

JIJA日本公認会計士協会準会員会 分会一覧